写真屋で売られていた「これ」は何?謎の物体になっているフィルムケース

フィルムケース

 東京都世田谷区の街中にある、個人店と思われる写真屋の軒先。「1包150円」と書かれたものが販売されていました。

フィルムケース
街のカメラ屋でまとめ売りされていたフィルムケース。

 135フィルムのケースです。フタがしっかり閉まり(コダックのよりフジのほうがしっかり閉まった記憶がありますが)、小物入れなどとして使えるため、いくらかストックしていたものです。

 自分がそこへ何を入れていたかは忘れましたけども、いまだに需要があるのか、Amazonなどで新品も販売されているようで。昔は、小学生の工作などでもよく使われていた気がします。

 また一昔前の鉄道撮影地には、これが落ちていることもありました。フィルムの外箱も。

 デジタル時代になって、鉄道撮影地でそういうものを見かけることもなくなったように思いますが、さておき、この写真について何だと思うか、20代前半の人に聞いてみたところ、「わからない」でした。

恵 知仁のSNSをフォロー