JR福山駅「小魚阿も珍」の「ちーいか天ぷら」「ねぶと唐揚げ」

 JR福山駅ビル「さんすて」にある、「小魚阿も珍」さんすて福山店へ行く。店内飲食もできるが、テイクアウトで利用。

「小魚阿も珍」の「ちーいか天ぷら」(左)と「ねぶと唐揚げ」

福山駅ビル「小魚阿も珍」の「ちーいか天ぷら」(左)と「ねぶと唐揚げ」

「ちーいか天ぷら」(税込626円)は、小さいイカの天ぷら。味をつけた小さなイカを天ぷらにしたもの?で、噛むとそのタレの甘み?とイカの風味が口のなかへ広がる。そして、内臓の苦みが味を締める。

「ねぶと」は、一般的に「テンジクダイ」と呼ばれ、瀬戸内海でよく捕れる小魚。「ねぶと唐揚げ」(税込520円)は、その頭と内臓をとって唐揚げにしたもの。サクサクで、煎餅的なもの、肉厚でうま味の強いものが混じる。ついてきたレモンをかけると、甘みが引き立つ気がする。

 ややにおいがあるので、新幹線車内で食べるのは、空いていれば……という感じ。

[2020年12月訪問]

タイトルとURLをコピーしました