京葉線乗り換え 東京駅を避け有楽町駅を使う

「京葉線の東京駅」は別の駅とも言われますが

 しばしばその長い距離が話題になる、東京駅における京葉線との乗り換え。そのホームは、・京浜東北線でひと駅離れた有楽町駅に近い場所にあります。

 先日、有楽町駅を通りがかったら、次のような掲示かありました。

有楽町駅にあった京葉線東京駅への乗り換え案内
有楽町駅にあった京葉線東京駅への乗り換え案内。

 品川方面から山手線や京浜東北線で来て京葉線に乗り換える場合、有楽町駅でいったん改札を出て京葉線東京駅に行ってもよいとのこと。

品川方面からお越しになり、当駅でお乗換えのお客さまは、京橋口より歩いて東京駅京葉線乗り場へお向かいいただけます。ご利用のお客様は京橋口改札係員にお申し出下さい。

有楽町駅に掲示されていた乗り換え案内より

 この際、東京駅では京葉地下八重洲口か、京葉地下丸の内口の改札口を使うよう、指定されています。

 また、乗り換えの条件に合う定期券を使っている場合は、どの改札口からも利用できるとありますが、たとえば品川(山手線)東京()新木場の定期を持っていたとしたら元々、有楽町駅から歩いて乗り換えようが、新橋駅から歩いて乗り換えようが、問題ないですね。

 別の駅を同一駅として乗り換えできるようにする扱いは、地下鉄ではしばしば見られますけども、JRだとあまりないのでしょうか。大阪駅と北新地駅は思い浮かびますが。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です